プロペシアの有効成分について解説

脱毛を心配している男性

プロペシアとは、AGAの治療に効果があるとされる薬です。
AGAとは、男性型脱毛症と呼ばれる脱毛症の一種です。
男性ホルモンの影響で起きる脱毛の事を言います。
男性ホルモンに含まれているテストステロンが、育毛を阻害する働きをするのです。

プロペシアには有効成分としてフィナステリドが配合されています。
フィナステリドには、男性ホルモンの働きを抑制する作用があります。
この作用によって、テストステロンの過剰な分泌も抑えられて、脱毛に効果があるのです。

プロペシアは経口服用タイプの薬です。
1日1錠の服用を毎日続けます。
ちゃんと効果があるかを判断するため、6ヶ月以上服用を続ける事が基本です。
効果を実感するまでにかかる時間は、人それぞれで違うので一概には言えないです。
ただ、早い人であれば3ヶ月程度で効果を実感する場合もあります。
また、プロペシアはその作用の仕方等から、女性や20歳未満の人の服用が禁止されているので注意が必要です。

プロペシアはAGAの治療薬としての効果が期待出来ますが、副作用が起きる場合もあります。
代表的な副作用としては、性機能の不全等があります。
また、ごく稀に肝機能障害等の重い副作用が起きる場合もあります。
服用していて違和感を感じたら、速やかに医師に相談する事が大切です。